2017年7月20日木曜日

毎日新聞「死と向き合う」を読む



明日が見えますか第5部死と向き合うの4回目のテーマは「僧侶ネット派遣 急増」というものでした。大阪市にある浄土宗寺院のことが書かれています。檀家数70軒、葬儀と法要が年間約40件、月収は15万円に満たず、家賃4万円のマンションで新婚の妻と暮らす苦しい生活と書かれている。お寺は250年以上の歴史がある古刹。

5年前に複数の仲介業者から誘われて登録を決めたという。昨年の葬儀件数は150件、法要は数百件と急増。年収は一千万円を超え、念願の本堂改修も果たしたと言います。事情は檀家に説明し了解を得ていると言います。その代わり寺への寄付金は受け取らないそうです。なぜ受け取らないかは書かれていませんが、お寺と檀家という関係が無くなったような気がします。

お寺を途絶えさせないために、派遣僧侶として登録し要望に合わせてビジネスのように葬儀・法事をこなして行く姿が目に浮かぶようです。「てらくる」という運営会社の値段設定は、アマゾンの派遣僧侶の設定を大きく下回っており、半分にも達していません。それでも登録する僧侶がいるというのが現実です。この過当競争がどこまで続くのか先は見えませんが、大きく二分化して行くのではないかと思います。私のところは何処にも登録していませんし、登録しないで進む方法を考えたいと思います。今年中にはお墓の新しい形態を実現したいと思っています。

2017年7月19日水曜日

梅雨開け宣言と猛暑

 

関東甲信、東海、近畿、中国、四国地方で梅雨明け宣言がありました。一方で九州北部は大気の状態が不安定なため激しい雨や落雷・突風の恐れがあるとしてまだ梅雨明けとは行かないようです。梅雨が明けるとお盆がそこまで来たなという気持ちになります。お寺にとってお盆は一大行事です。8月に入るとそろそろ宅参りの開始です。暑い時期と重なりますので修行のない浄土真宗にとっては、まさに修行の期間です。昔自転車やバスで回っていたころに比べると、今は車が使えますので随分と便利になりましたが、暑さに関しては昔の方が楽でした。子供のころと比べると5度は高くなっているような気がします。

浄土真宗は法要に法話が付きものなのが特徴ですが、さすがにお盆は時間がありません。そのため当山では「御堂さん」という大阪の本願寺津村別院が作っておられる読本を全ご門徒に配布しています。なかなか評判が良いようです。仏教に興味のない方が読まれても分かるような構成になっています。今号は、「人間は死んだらおしまいか?」ということをテーマにして、六代目三遊亭円楽さん、女優の小山明子さん、ビートたけしのお兄さんである北野大さん、作家の青木新門さんなどのエッセーが載っています。お盆の宅参り時間の連絡と合わせて、何とか25日までには発送したいと思っています。
 

2017年7月18日火曜日

死と向き合うシリーズが始まりました

毎日新聞の「明日が見えますか」の第5弾、「死と向き合う」が始まりました。今回は第一面に無縁仏の状況を分析し、10年で倍の数にのぼっていることを紹介しています。無縁仏とは身寄りがないケースだけではなく、家族や親族が引き取りを拒んだ場合も含まれます。

引き取りを拒む理由としても様々なものがあり、一方的に非難することは出来ません。私のところにも遺族が病院からの引き取りを拒否され、医療機関の方が荼毘に付されたあと当山の納骨堂に安置された方もあります。一般的に引き取り手がない遺骨は、死亡地の自治体が火葬・埋葬すると法律で決められています。そういう状態にある遺骨は政令市で30人に1人の割合です。大阪市では9人に1人といいますが、全国では統計がとられていないところもあり、把握できていません。

2025年以降は、現在の年間死者数130万人が急激に増えることが予測されており、自治体任せだけでは解決できないと思われます。このような事態には寺院も解決にひと肌脱がなければならないと感じています。災害避難場所だけではなく自治体との連携が望まれます。
 

2017年7月17日月曜日

得度習礼


海の日を再び7月20日に固定しようという動きもあるようですが、連休にするということで決まった海の日を迎えました。梅雨明けがまだということで気温も湿度も高く、雲に覆われた一日となりました。午後からの鳥取因幡組三役会議に備えて資料作りをしようとしましたが、電話があったり、急な来客があったりで進みませんでした。

中にはうれしい来客もありました。同じ鳥取因幡組寺院のご門徒さんが昨日得度習礼を終えられて、あいさつに見えました。先日、養源寺のご門徒さんが受けて来られ「途中で逃げ出そうかと思った」とおっしゃっていましたので、さぞかし大変だったのかと思いました。本に曰く「それほどでもなかった」とのことでした。習礼を受けた人数としては過去最少の16名ということで、マンツーマンに近い形で勉強されたそうですので、実践も含めたっぷり研修されたようでした。自ら進んで受けるという姿勢の違いでしょうか。頭が下がります。教師や布教使まで視野に入れておられるようですので、これからが楽しみです。
 

2017年7月16日日曜日

叔母の四十九日法要

昨日六七日を終えて六日早く、今日午後四時より礼子叔母さんの満中陰の法要を勤めました。本当に時の経つのは早いと思います。思い返すと礼子叔母さんの子供のように、叔母の勤務先である国立病院の海水浴や旅行、運動会など全部の行事に参加していました。養源寺の総代さんが、礼子さんはまだ結婚していないのだから、住職の子をいつも連れて行かせてはいけんと注意されていました。婚期が遅れると思われたのでしょう。

礼子叔母はそんなことはお構いなしで、いろんなところへ連れて行ってもらいました。お酒が好きだったので、鳥取市の飲み屋街はほとんど連れて行ってもらいました。小学生そこそこでホルモン焼きやステーキを食べ歩いた子はいなかったと思います。一方で平和に関する取り組みは徹底していました。私がリベラルに心惹かれるのは、きっとそのせいだと思います。

お寺の子なのに、易にはまっていました。理論的なところが良かったのでしょうか。根拠なく占いを信じていた節があります。人に強要するところはなかったので、許せる範囲でしょう。また、食にもこだわっていました。麦ごはんに梅干しやニンニクの黒付け、ラッキョウなどばかり食べていました。私の子供も犬に会うために叔母さんのところに行っていましたが、食事だけはどうしようと悩んでいたようです。その叔母も亡くなりました。子供たちもいくつかのDNAはもらっているようです。
 

2017年7月15日土曜日

エアコンの付け替え

客殿が出来たのが平成8年12月ですから、もう20年経ちます。空調関係がそろそろ交換の時期に来ました。客殿にはエアコンが6台あります。すべて替えるとなると200万円近くかかるそうです。そのうち3台は和室に合うように家具調の床置きになっています。昔は和室には木目調の床置き型があったのですが、新商品ではほとんど見かけません。

今回は、14畳のエアコンを替えました。元々は6畳と8畳であり、6畳用のエアコンは一度替えたのですが、6畳で使うことはなく、この度15畳用に交換したものです。8畳用はそのままありますが、これはいずれ撤去しようと思っています。

昔はお寺は涼しいということで冷房など必要なかったのですが、今日北海道が37℃を記録したように、日本中涼しいところは無くなりました。本堂、庫裡を合わせると13台のエアコンが稼働しています。そのほか安穏堂に1台、門徒会館に7台ですから、全部で21台ものエアコンが稼働していることになります。もうエアコンがなければ生活していけない時代になりました。困ったことです。

2017年7月14日金曜日

最近買って役に立っているもの

ネット通販というものがあるので、何かの折に目に留まって、つい買ってしまうことが多いのです。ゴミになるものが多いのはご存知の通りですが、中には役に立っているものもあります。一人で使っているものとしては、ブルートゥースのイヤホンです。寝る前にラジオを聞くことが好きなのですが、ワイヤレスであり音も良いのでiPhoneでラジコを毎晩聞いて寝ています。次に電動角質リムーバーという優れものです。かかとの角質に困っていましたが一発で解消しました。韓国の垢スリよりお勧めです。家族で役に立つものは、体組成計という体重計が進化したものです。IBMはもちろん体脂肪量や内臓脂肪の状況、体内年齢などが分かります。健康管理の自覚が芽生えると思います。そして最後は筆ペンです。筆ペンというと書きにくいというイメージを持っている方もあると思いますが、筆ペンも進化しています。動物の毛に劣らない人工毛と合わせて墨汁を導入したものまで現れました。今までのインキとは明らかに違います。写経用紙に書いて見ましたが、ほとんど散りません。細い線もきれいに出ます。筆ペンが離せなくなりそうです。